BLOG

2017/03/09 13:37

最近流行りの木目調の食器。

こちらのスープボールは天然木からできていて木のぬくもりを感じることができるスープボールです。

スープボールといってもサラダやおかずをいれることもできます。

漆器とは違う温かみのあるテーブルコーディネートができること間違いなしです。

一枚の木材から作られていて、仕上げには柿渋を塗り重ねています。

そのことによって味わい深い色合いがでています。

 

しかも裏側にはココマチ特製の焼印がついています。

器はひとつひとつ手作りなので、色合いや木目が全くちがいます。

同じものはこの世に存在しないので、木目との巡り合わせもお楽しみに。

 

北欧ではこのような白樺からつくられたカトラリーは大変意味のあるものとして親しまれています。

大切な人の幸せを願うため、親から子に引き継がれたり、結婚や出産のお祝いとしても送られます。

紐がついているのはアウトドア好きの人が温かいのみものを飲む器としてバッグに

ぶら下げて運ぶためのものです。

また、幸せを運ぶおまもりとして家に飾るひともいるそう。

 

そんな意味もある素敵な木目調のスープボールは贈り物としても

価値のあるものになりそうです!